朝日新聞に地中レーダーを搭載した無限軌道付き台車を制作実例として紹介されました。

朝日新聞の記事はこちら

山形県にある離島「飛島」で海洋ゴミ自動回収ロボット製作に取り組まれている仙台高専の園田准教授が2020年1月中旬に宮城県の閖上浜で地中レーダーを搭載した無限軌道付き台車2台の走行テストを行いました。

このテスト機はCuboRex社のクローラ「CuGoV3」が使われております。

園田教授の研究室で作られたテスト機は
コンクリート製の防波堤の登坂、枯れ草が生い茂る不整地や海岸の砂浜などさまざまな条件下の元で走ることができました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる