ニュースリリース 事例紹介 事例紹介CuGo

早稲田大学の学生が「CuGo」を使用した「環境モニタリング遠隔操作ロボット」を開発。里山の調査、管理をロボットで自動化させ、SDGs貢献を目指す

日本の面積の70%に当たる「森林」と人が暮らしている「人里」の境界線にある「里山」。この緩衝地帯があるからこそ、野生動物が人里におりてきて田畑を荒らしたりすることを防いだり、台風や集中豪雨という自然災害による土砂崩れ等から人間を守ってくれる役割を果たしています。しかし、近年、「

ニュースリリース 事例紹介CuGo

CuGo事例「シンプルなので、作りたい人が、すぐに作れる」藤原麻里菜さんに、CuGoを使って開発してみた感想を伺いました!

■「無駄づくり」で活躍されている藤原麻里菜さんにお話を伺いました!「無駄づくり」を掲げて、さまざまな面白装置を開発している藤原麻里菜(https://twitter.com/togenkyoo )さん。CuboRexでは、2021年9月に汎用クローラキット「Cu

ニュースリリース 事例紹介CuGo

岩手大学の学生が独自に「CuGo」にArduPilotを使用した自律走行ロボットを開発。農業や高齢化による作業軽減化を目指す。

少子高齢化が日本社会に進行しつつあります。働き手が高齢化し、子供の数がこのまま減少し続けてしまうと、日本の農業はやがて破綻してしまうかもしれないと日々様々なメディアで囁かれています。そのような背景から、今、農作業のロボットを用いて、いかに自律化させるかを考え、独自に研究

事例紹介CuGo

【事例紹介01】労力の課題解決にCuGoを!高精度測位サービスを活用した、ビニールハウス内自動走行ロボットを開発

はじめに「人間が行うには危険な仕事」「人間にとって極めて重い労働」「多数の人数と労力、時間を必要とするもの」をロボティクス技術に置き換える、イームズロボティクス株式会社様。過疎化、高齢化の進む地方、人口減と経験者不足などの課題解決の為のロボット提供を目指されています。今

ブログ 事例紹介CuGo

CuboRex(CuGo)とカズヤシバタ(デルモンテ)のコラボが実現その名は「デルモンテGo」

不整地に強いクローラモジュール「CuGo」を販売する株式会社CuboRexととても役に 立つユニークな発明品をメディアに登場させてきた発明家カズヤシバタさんとのコラボ レーションが実現しました。カズヤシバタさんのゴージャス登場箱「デルモンテ」の問題点とは・・・?

ブログ 事例紹介E-Cat Kit

エンジンではなく電動化で、みかん収穫の負担が1/2に〜農家のスマート化に挑戦する愛媛県・みたらい農園様

みかん農家を始めたとしたさまざまな場所や地域で利用され、300台を超える販売台数を誇るねこ車(一輪車)の電動化キット「E-Cat Kit」の最新事例をご紹介します。愛媛県のみかん農家も、課題は人幅しか入れない畑での運搬に課題 愛媛県の宇和島市吉田町玉津地区でみか

ブログ 事例紹介 事例紹介E-Cat Kit

一輪車のタイヤを取り替えるだけの電動化キットで、石材・資材の運搬工数を1/2に減らす大幅削減!〜大阪・兵庫の石材店を電動化で、大幅な作業効率向上を実現〜

みかん農家を始めたとしたさまざまな場所や地域で利用され、300台を超える販売台数を誇るねこ車(一輪車)の電動化キット「E-Cat Kit」の最新事例をご紹介します。傾斜の厳しい約300mの坂道に約150kgを超える資材運搬は、時には怪我も 石材店の仕事は、墓石を

事例紹介 事例紹介CuGo

農地内を走行する自律走行型作物数カウントロボットを開発!作物の育成診断DX化にCuGo活用開始

はじめに画像から観測できる作物の特性の研究で、農業のDXを推進するQuantomics社。今回品種改良のために必要な作物の育成データを取得する「自律走行型作物数カウントロボット」開発のため、CuGo導入に至った背景、導入時に感じた点や使い心地、今後の展望について

ブログ 事例紹介CuGo

スマート農業での活用に大きな期待!除草、栗拾い、作物の成長観察、敷地内マップ制作…様々な不整地の足回りにCuGo活用開始

はじめに農業ロボットの開発を数多く手掛ける東京大学大学院農学生命科学研究科生物・環境工学専攻海津裕准教授。これまでスマート農業を推進するため、農業機械の自動化や知能化に取り組んできました。現在開発を進める農業ロボット開発のためCuGo導入に至った背景、導入時に感