ニュースNEWS

ラボニュース

2024.06.07

【本格販売に向けたモニター販売を開始】ENEOSグローブ株式会社とLPガスボンベの電動運搬台車を共同開発

株式会社CuboRex(本社:東京都葛飾区、以下「当社」)は、ENEOSグローブ株式会社(本社:東京都千代田区、以下「ENEOSグローブ」)と共同でLPガスボンベ専用電動運搬台車「らくらくエネキャリー」を開発いたしました。


現在量産体制を整え、モニター販売を経て夏頃には本格販売を開始する予定です。この製品によりLPガス業界の配送効率を大幅に向上させ、配送作業員の労働環境改善を実現します。

 

  • 共同開発の背景

・LPガス業界の市場と課題

LPガスは、全国約2400万世帯、国土の95%の地域で供給されており、災害にも強く産業用にも広く使われているニーズの大きい重要なエネルギーです。*

 

国民の生活に欠かせないLPガスですが、90kgを超えるボンベを運ぶ重労働や、配送作業員に保安関係資格と経験が必要という状況もあり供給継続のためには作業員の人員不足が大きな課題として挙げられています。

(*https://www.meti.go.jp/shingikai/energy_environment/jisedai_nenryo/pdf/003_04_00.pdf

 

・持続可能な供給確保のための新たな取り組み

ENEOSグローブでも同様の課題を抱いており、LPガスボンベの配送にかかる保安・供給確保の効率化の道を模索していました。

 

そのような状況の中すでに建設土木や農業の現場で活躍するシーンを見てお声がけをいただき、最新版である「E-cat kit2」の技術を応用し、LPガスの電動運搬台車を共同で開発する運びとなりました。(E-cat kit2製品情報はこちら

 

当社はさまざまな現場の省力化を図ることで生産性を向上し、業界課題を解決することをミッションとしています。

今回、当社の技術力とENEOSグローブの知見を活かし、運搬台車の電動化を実現することでLPガス業界全体の課題解決を目指します。

 

 

  • LPガス専用の電動運搬台車「らくらくエネキャリー」

従来人力で行われていたLPガスの運搬を電動化しました。アクセルレバーを握るだけの簡単操作で傾斜地や凸凹道もすいすい進めるようになり、作業労力が軽減されます。

大きさによっては90kgを超えるものもあり、重労働とされていたLPガスボンベの運搬効率を飛躍的に向上させます。

また、電動工具のバッテリーへ対応しています。

 

 

  • 今後の展望

らくらくエネキャリーは2024年度中の販売を予定し、現在準備を進めております。

本製品の普及により、LPガス業界の配送における保安・供給の効率を飛躍的に向上させることが期待されます。また、これにより配送作業員の労働環境改善にも寄与します。

 

CuboRexは今後もインフラ業界と協力関係を深め、より安全で効率的な作業環境を実現することで貢献してまいります。

 

  • ENEOSグローブ株式会社について

【会社概要】

 

 

 

社名 :ENEOSグローブ株式会社

事業内容 :液化石油ガスの輸入・販売、新エネルギー関連機器の販売

設立 :1960年6月

WEBサイト :https://www.eneos-globe.co.jp/

 

WEBからのお問い合わせ

ご相談はお問い合わせフォームをご利用ください。

お問い合わせフォームへ